カラオケソフトのご使用方法
パソコンとキーボードのつなぎかた
本ソフトは、パソコンにインストールされている内蔵音源(GM準拠)を利用すればパソコンのみでも手軽にカラオケをお楽しみいただけます。さらにパソコンにキーボードを接続すれば、より本格的な音質でカラオケをしたり、鍵盤をつかった3ステップレッスンやキーボード本体へ曲データを送信することができます。
USB接続の場合
パソコンを起動した後、USB対応MIDIインターフェイスを下図の例のように接続し、ドライバをインストールします。(詳細な接続方法はご使用のMIDIインターフェイスの取扱説明書をお読みください)
1. USBケーブルでパソコンとUSB対応MIDIインターフェイスを接続します。図1はパソコン側の接続の例です。
図1
2. パソコンにドライバソフトをインストールします。詳しくはお持ちのUSB対応MIDIインターフェイスの取扱説明書をご覧ください。
3. USB対応MIDIインターフェイスとキーボードを接続します。図2が機器側のMIDI端子、図3がケーブルの例です。具体的な接続方法はお持ちのUSB対応MIDIインターフェイスの取扱説明書をご覧ください。
図2 図3
USB対応MIDIインターフェイスによっては一部パソコンにて使用できない場合もございますので、ご購入の際は動作条件などじゅうぶんにご確認ください。
サウンドブラスター接続の場合
市販のサウンドブラスター用ジョイスティック-MIDI変換ケーブルを、下図のように接続してください。
1. まず、お持ちのパソコンにサウンドブラスターまたはその互換ボード搭載でジョイスティック端子がついていることを確認してください。
図1のような端子(Dsub15ピン)がついていればOKです。
図1
2. 市販のサウンドブラスター用ジョイスティック―MIDI変換ケーブル(図2)の図3のコネクタをパソコンの図1のコネクタに接続してください。
図2 図3
※サウンドブラスター用ジョイスティック-MIDI変換ケーブルは最寄りの楽器店やパソコンショップ(MIDIコーナー)でご購入ください。
3. キーボードのMIDI端子(図4)にケーブル(図5)を接続してください。INとOUTが 対応するように注意してください。
図4 図5
ご使用の前にお持ちのパソコン(サウンドブラスターボード、互換ボード)及びWindows98/Me/XPの取扱説明書をよくお読みになって下さい。
重要
接続を行う場合は、必ず接続するすべての機器およびそれらにつながっている周辺機器の電源を切った状態で行ってください。
ジョイスティック端子の位置はパソコンの機種によって異なることがあります。必ずお手元の機種の端子の位置をご確認の上、接続を行ってください。
詳しくはパソコン、又はサウンドブラスターボード、互換ボードの取扱説明書をよくお読みください。
インターネット楽譜ナビソフトの使用中に、ケーブルの抜き差しを行わないでください。ソフトが正常に動作しなくなるばかりでなく、データが破壊されたり、キーボードやパソコン本体の故障の原因となります。